美作市③

田殿神社のムクノキ(2本)
(たどのじんじゃのムクノキ)

探訪日:2021/02/14
所在地:田殿706
樹齢:不明
幹周:不明

ムクノキは県道を走っていて偶然見つけました。
思わず車を停めて訪問。

田殿神社は別名“瀧大明神”といいます。
目についたのは鳥居向かって左手のこの樹です。

bIMG_6745_800.jpg bIMG_6747_800.jpg bIMG_6746_800.jpg

全体的にほっそりとしていますが、根元の発達具合が素晴らしい!

bIMG_6748_800.jpg bIMG_6749_800.jpg bIMG_6750_800.jpg
bIMG_6751_800.jpg bIMG_6752_800.jpg

主幹には瘤があります。
支幹が破損した跡でしょうか?

bIMG_6758_800.jpg bIMG_6760_800.jpg bIMG_6759_800.jpg
bIMG_6754_800.jpg bIMG_6753_800.jpg bIMG_6761_800.jpg

裏側を見ると空洞ができていました。

bIMG_6756_800.jpg bIMG_6757_800.jpg

境内に入って行くと、社殿の右手にもムクノキが立っています。
こちらはかなりの樹高で、主幹に茸状の瘤があります。

bIMG_6762_800.jpg bIMG_6772_800.jpg bIMG_6770_800.jpg
bIMG_6773_800.jpg bIMG_6781_800.jpg bIMG_6771_800.jpg
bIMG_6785_800.jpg bIMG_6776_800.jpg bIMG_6782_800.jpg

板状に延びた根もなかなか趣があります。

bIMG_6774_800.jpg bIMG_6775_800.jpg
bIMG_6779_800.jpg bIMG_6778_800.jpg

ところで…2本目のムクノキの近くに張ってあるロープに気付かれましたでしょうか?
ワシも知りませんでしたが、実は田殿神社はセツブンソウの群生地なんですねー。
参道を挟んだ両側の地面約500㎡に群生が広がっており、穴場の観光スポットです。
偶然とはいえ、良い時期に立ち寄れてラッキーでした。

bIMG_6765_800.jpg bIMG_6767_800.jpg
bIMG_6768_800.jpg bIMG_6788_800.jpg


平福のサイカチ
(ひらふくのサイカチ)

探訪日:2021/02/14
所在地:楢原中60
樹齢:250年
幹周:3.5m
市指定天然記念物(名称:北小学校のサイカチ)

県内で唯一のサイカチの巨木です。
美作北小学校の校庭の一隅に立っていますが、小学校ができる以前からこの場所にあったそうです。

敷地内にあるのでフェンス越しの撮影で、角度も限られています。
主幹は空洞化して古色蒼然とした様相です。

bIMG_6809_800.jpg bIMG_6808_800.jpg
bIMG_6810_800.jpg bIMG_6811_800.jpg bIMG_6805_800.jpg
bIMG_6812_800.jpg bIMG_6813_800.jpg bIMG_6807_800.jpg
bIMG_6792_800.jpg bIMG_6793_800.jpg bIMG_6795_800.jpg
bIMG_6796_800.jpg bIMG_6799_800.jpg bIMG_6801_800.jpg
bIMG_6798_800.jpg bIMG_6803_800.jpg bIMG_6802_800.jpg
bIMG_6804_800.jpg bIMG_6806_800.jpg


美作市②

青木のシイノキ(再訪)

探訪日:2021/02/14
(※データは美作市(2)をご覧下さい。)

10年前は遠巻きに眺めるだけで終ってしまい、宿題となっていたので再訪しました。

bIMG_6590_800.jpg bIMG_6616_800.jpg

あらためて間近で見ると、すごい迫力です。

bIMG_6602_800.jpg bIMG_6603_800.jpg
bIMG_6604_800.jpg bIMG_6608_800.jpg
bIMG_6610_800.jpg bIMG_6605_800.jpg
bIMG_6606_800.jpg bIMG_6609_800.jpg
bIMG_6599_800.jpg bIMG_6601_800.jpg bIMG_6600_800.jpg

裏手から。

bIMG_6592_800.jpg bIMG_6612_800.jpg
bIMG_6613_800.jpg bIMG_6593_800.jpg
bIMG_6594_800.jpg bIMG_6595_800.jpg
bIMG_6597_800.jpg bIMG_6596_800.jpg

訪問帳とお持ち帰り用の実が置いてありました。
ありがたく頂戴致しました。

bIMG_6611_800.jpg


長内のムクノキ(再訪)

探訪日:2021/02/14
(※データは美作市(2)をご覧ください。)

「青木のシイノキ」の近くなので、ついでに寄ってみました。
12年9ヵ月ぶりですが、大きな変化は無いようです。

bIMG_6589_800.jpg bIMG_6559_800.jpg
bIMG_6564_800.jpg bIMG_6561_800.jpg
bIMG_6557_800.jpg bIMG_6560_800.jpg
bIMG_6565_800.jpg bIMG_6558_800.jpg bIMG_6562_800.jpg

主幹の欠損部の崩壊が少し進んでいるように見受けられます。

bIMG_6570_800.jpg bIMG_6573_800.jpg
bIMG_6569_800.jpg bIMG_6572_800.jpg
bIMG_6566_800.jpg bIMG_6571_800.jpg
bIMG_6576_800.jpg bIMG_6574_800.jpg
bIMG_6578_800.jpg bIMG_6584_800.jpg
bIMG_6577_800.jpg bIMG_6579_800.jpg bIMG_6580_800.jpg

根元廻りはまだまだしっかりしています。

bIMG_6582_800.jpg bIMG_6583_800.jpg bIMG_6585_800.jpg
bIMG_6587_800.jpg bIMG_6586_800.jpg bIMG_6588_800.jpg

説明板も新しくなっていました。(^.^)

bIMG_6568_800.jpg


加賀郡吉備中央町⑥

化氣神社の夫婦杉
(けぎじんじゃのめおとすぎ)
(注:マップは化氣神社の位置を記しています)

探訪日:2021/01/31
所在地:案田
樹齢:不明
幹周:4.6m/3.7m

化氣神社には10年前、資料に記載されている「化氣神社の天狗杉(幹周3.6m)」を探して訪ねたことがありますが、その時点でスギはとっくに無くなっていました。
その後、ネットで「夫婦杉」という別のスギの存在を知ったので訪ねてみました。

化氣神社です。
社殿の右手に写っている小屋は絵馬殿ですが、その後ろに高札が立っています。
高札から下方へと続く山道を進んで行きます。

bIMG_6337_800.jpg bIMG_6338_800.jpg
bIMG_6339_800.jpg bIMG_6340_800.jpg bIMG_6342_800.jpg

どんどん進んで行くと、やがて右手に夫婦杉が立っています。

bIMG_6344_800.jpg bIMG_6345_800.jpg bIMG_6349_800.jpg

どちらが伊邪那岐または伊邪那美なのかは分かりませんが、雰囲気的には手前のスラっとした方が伊邪那美、後ろのいかつい姿の方が伊邪那岐でしょうか…。
(宮司さんも知らないそうです。)

bIMG_6389_800.jpg bIMG_6390_800.jpg bIMG_6395_800.jpg
bIMG_6394_800.jpg bIMG_6392_800.jpg bIMG_6391_800.jpg

伊邪那美命と思われる方。

bIMG_6347_800.jpg bIMG_6348_800.jpg bIMG_6350_800.jpg
bIMG_6351_800.jpg bIMG_6352_800.jpg
bIMG_6353_800.jpg bIMG_6354_800.jpg bIMG_6355_800.jpg
bIMG_6356_800.jpg bIMG_6357_800.jpg

伊邪那岐命と思われる方。

bIMG_6358_800.jpg bIMG_6359_800.jpg bIMG_6361_800.jpg
bIMG_6362_800.jpg bIMG_6363_800.jpg bIMG_6364_800.jpg
bIMG_6367_800.jpg bIMG_6368_800.jpg bIMG_6369_800.jpg
bIMG_6372_800.jpg bIMG_6373_800.jpg bIMG_6375_800.jpg
bIMG_6365_800.jpg bIMG_6370_800.jpg bIMG_6376_800.jpg

下方からのショットです。

bIMG_6377_800.jpg bIMG_6383_800.jpg bIMG_6378_800.jpg
bIMG_6380_800.jpg bIMG_6384_800.jpg bIMG_6385_800.jpg


どの資料にも記載されていないのは、なぜでしょうかねぇ…?


加賀郡吉備中央町⑤

真教寺のスギ
(しんきょうじのスギ)

探訪日:2021/01/03
所在地:上竹
樹齢:不明
幹周:3.80m

旧賀陽町の資料には『大字上竹、月原の真教寺にあり…』と記されています。
月原はバス停ですぐに分かりましたが、真教寺という寺はありません。
資料の写真では小高い丘に単木で立っているので、ま、とりあえず行ってみるか…と、出かけてみました。
すると…

県31を西進していると、それらしい樹が目につきました。

bIMG_6296_800.jpg

近くの空地に駐車して東向きに見たところ。
資料の写真と同じ姿です。

bIMG_6303_800.jpg bIMG_6300_800.jpg
bIMG_6301_800.jpg bIMG_6302_800.jpg

丘の上へと進みます。

bIMG_6297_800.jpg bIMG_6298_800.jpg
bIMG_6304_800.jpg bIMG_6305_800.jpg
bIMG_6307_800.jpg bIMG_6308_800.jpg
bIMG_6310_800.jpg bIMG_6311_800.jpg bIMG_6313_800.jpg

樹下へ。

bIMG_6316_800.jpg bIMG_6314_800.jpg
bIMG_6315_800.jpg bIMG_6317_800.jpg

真教寺という寺はとっくに無くなっており、代わりに「竹荘八十八ヶ所霊場 第七十五奥の院札所」があるだけ。

bIMG_6322_800.jpg

樹下には小祠が祀られており、数基の墓石がわずかに寺の雰囲気を残しています。

bIMG_6323_800.jpg bIMG_6325_800.jpg bIMG_6324_800.jpg
bIMG_6318_800.jpg bIMG_6320_800.jpg bIMG_6321_800.jpg
bIMG_6327_800.jpg bIMG_6328_800.jpg bIMG_6329_800.jpg

下方からです。

bIMG_6331_800.jpg bIMG_6334_800.jpg bIMG_6335_800.jpg


真庭郡新庄村

今回が過去の樹行記録の最終回です。

茅見のコブシ
(かやみのコブシ)

探訪日:2010/10/10
所在地:茅見地区 荒神様横
樹齢:300年以上
幹周:3.14m

県58から分かれて茅見川を遡って行くと道路脇にあります。
こちらが空撮。

kayami_kobushi.jpg

コブシでは県下最大。
送電線の妨げになるので、何度も枝打ちされているそうですが、毎年美しい花を咲かせるそうです。

IMG_6392_800.jpg IMG_6393_800.jpg IMG_6391_800.jpg
IMG_6387_800.jpg IMG_6385_800.jpg IMG_6386_800.jpg
IMG_6394_800.jpg IMG_6388_800.jpg
IMG_6390_800.jpg IMG_6389_800.jpg


大歳神社のスギ(2本)
(おおとしじんじゃのスギ)

探訪日:2010/10/10
所在地:戸島1257
樹齢:500年/300年
幹周:6.34m/4.0m

国181沿いにあり、3本のスギが聳え立っています。

IMG_6331_800.jpg

いちばん左手のスギが最大です。
2本の主幹と4本の支幹に分かれています。

IMG_6338_800.jpg IMG_6336_800.jpg IMG_6337_800.jpg
IMG_6332_800.jpg IMG_6333_800.jpg IMG_6334_800.jpg
IMG_6346_800.jpg IMG_6347_800.jpgIMG_6335_800.jpg
IMG_6339_800.jpg IMG_6340_800.jpg

こちらが右端のスギ。

IMG_6342_800.jpg IMG_6343_800.jpg IMG_6341_800.jpg
IMG_6344_800.jpg IMG_6345_800.jpg


御鴨神社のスギ(2本)
(みかもじんじゃのスギ)

探訪日:2010/10/10
所在地:梨瀬5388
樹齢:350~400年
幹周:4.8m/4.6m

社殿の左右に大スギが立っています。

IMG_6361_800.jpg IMG_6362_800.jpg
IMG_6348_800.jpg IMG_6349_800.jpg

左手のスギが幹周4.8m。

IMG_6350_800.jpg IMG_6351_800.jpg IMG_6353_800.jpg
IMG_6354_800.jpg IMG_6352_800.jpg

右手のスギhが幹周4.6m。

IMG_6355_800.jpg IMG_6360_800.jpg IMG_6358_800.jpg
IMG_6357_800.jpg IMG_6356_800.jpg

御鴨神社は、且つてこの地域が美甘郷と呼ばれていた頃の郷社であっただけに、社叢は広くて古木も多いとのことです。


不動滝のカツラ
(ふどうたきのカツラ)

探訪日:2010/10/10
所在地:滝の尻 不動滝の手前渓谷側
樹齢:400年
幹周:4.85m

位置の説明上、次のカナマキも含めて不動滝の周辺を空撮で掲載しておきます。
不動滝は上記の御鴨神社の手前から旧出雲街道を約2km北西に進み、作西発電所を過ぎたところから左手に折れた先にあります(案内標識あり)。

fudo-taki.jpg

不動さまの堂の傍らに「不動滝」の標識があり、滝までの遊歩道があります。
遊歩道を下って行くと、かなり滝に近づいた辺りで渓流沿いに下流の雌滝に続く遊歩道が分かれており、そちらに進むとカツラに出会えます。

IMG_6378_800.jpg IMG_6376_800.jpg IMG_6373_800.jpg
IMG_6372_800.jpg IMG_6375_800.jpg IMG_6377_800.jpg
IMG_6374_800.jpg

おまけで、こちらが不動滝です。

IMG_6368_800.jpg IMG_6369_800.jpg


不動滝のカナマキ
(ふどうたきのカナマキ)

探訪日:2010/10/10
所在地:滝の尻 不動滝の道上(旧道)
樹齢:300年
幹周:3.35m

資料には
『不動滝の右手山腹に、田浪に通ずる旧道(現在の舗装道の上)があり、その道端に大きな緑陰をつくるのがこの木である。』
と記されているのですが、この旧道というのがどこから始まっているのか全く分かりませんでした。
不動さまのところに戻ってふと見ると、道路の反対側に「不動滝つつじ公園」という道標があり、道は山腹の方向に伸びているので、もしやこれが旧道に通じているのではあるまいか?
そう思って進んで行くと、果たして山道沿いにカナマキを発見しました。
樹種はコナラです。

fudo-taki.jpg IMG_6380_800.jpg IMG_6381_800.jpg
IMG_6379_800.jpg IMG_6382_800.jpg


田浪のイヌシデ
(たなみのイヌシデ)

探訪日:2010/10/10
所在地:田浪地区 村道田浪線道路脇
樹齢:350年
幹周:4.22m

不動滝から北西に進んだ田浪地区の道路脇にありますが、よほど注意していないと分かりません。
見当をつけた辺りを往復し、復路で山裾の木立の中に見つけました。

IMG_6366_800.jpg IMG_6363_800.jpg IMG_6365_800.jpg
IMG_6364_800.jpg IMG_6367_800.jpg


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR